商品名    瑞泉寺 前大徳 須賀玄道筆 一行書幅 「雲収山岳青」
 商品の状態 (中古)  ”岳”の横に、薄い折れがあります。 
 商品の説明   「雲収山岳青」 (くもおさまりてさんがくあおし)

雲が収まって、青々とした山が見えてきたということ。
山を仏性に、雲を煩悩になぞらえ、煩悩が消えて仏性が明らかになった悟りの境地を表している。

 須賀玄道
大正8年大分県生。 足利紫山老師、竹田頴川老師に就き修行す。 昭和22年、瑞泉寺住職に就任す。また、大徳寺派布教師に任命される。